映画 渾身 KON-SHIN

映画「渾身 KON-SHIN」 サイト跡地(非公式)

MENU
RSS

「渾身 KON-SHIN」の見どころと主要キャスト

川上健一の小説である渾身を原作に、錦織良成監督が映画化したのがこの作品です。
主演は劇団EXILEで活躍中の青柳翔、そして伊藤歩が演じ、井上華月、甲本雅裕、宮崎美子、笹野高史、中村嘉葎雄、財前直見といった名俳優達が脇を固めます。

 

隠岐諸島で生まれ育ったは英明と多美子はやがて結婚をします。
ですが英明には前の妻との間に琴世という女の子の子供がおり、多美子と琴世の関係は決して理想的なものではありません。
というのも結婚して以来1度も琴世は多美子のことをお母さんと呼んだことがないからです。
そんな中、島で20年に1度開催される古典相撲大会が開かれることになり、英明は古典相撲での最高位である正三役大関に選ばれます。
夜を徹して行われる古典相撲の最後に土俵に上がることになる正三役大関、英明はその役目を果たすために奮闘することになります。
そこには多美子、そして琴世に対する熱い想い、そして島の人達への想いが込められています。

 

この作品で重要なキーワードになるのが隠岐古典相撲です。
隠岐古典相撲は現在の相撲の原点とも言われ、隠岐では島をあげての祭り事として相撲大会が開かれるのが伝統です。
水若酢神社で20年に1度行われる古典相撲が遷宮相撲で、最高位である正三大関は誰もがなりたいと望む非常に大切な立場になります。
隠岐古典相撲について知っているという方は決して多くないと思いますがこの点を知っておくとより作品を深く楽しむことができるでしょう。
つまり英明は一生に一度の大役を任されたわけです。
英明はどんな想いでこの大役を果たすことになるのか、これが作品の1つの見どころです。

 

渾身KON-SHINはこの隠岐古典相撲を通して、家族、そして人の絆を描いた作品です。
同時に日本の各地域に古くから伝わる伝統なども知ることができ、日本人なら誰もが見ておきたい作品になっています。
日本人の心が細かく描写されており、日本映画独特の雰囲気も持っています。
相撲のシーンも迫力があり、真に迫るものがありますし、その相撲を通じて家族が織りなすドラマは本当に感動的です。
見終わった後、心があたたかくなる作品になっていますので家族揃って見るのもいいのではないでしょうか。
もちろん1人で見ても十分楽しめますし、恋人と一緒に見るのもおすすめです。
決して大ヒットした映画というわけではないのですが、クオリティは非常に高く映画好きならぜひとも見ておきたい1本と言えるでしょう。


キーワードを言えば,郷土愛,周囲に認めてもらうことの大変さ,幼い子供を育てることの大変さ,などでしょうか。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11100608656

 

国技館に看護師いるのかも

 

http://www.kon-shin.jp/cardloan/